座の文化

最近は気が付いたら「座」が1つのテーマとなっていた。日本人には馴染み深い「座る」。海外の方はイスに座る文化はあるけれど、なかなか地べたに座る事は少なかったと思う。近年では日本好きな外国の方が多く、その中で正座ができる方も増えてきている。

日本の座の文化。正座や膝行の稽古をしていて、改めて日本人の所作に対する感覚が私なりに見えてきた様な気がする。それはこのまま行けば、失われてしまう恐れのある身体文化ではないかと思う。
 
講習をしていて正座や膝行の稽古をすると、上体がぶれてしまっていて脚も立ち上がろうとする動きが目立っている。これは下腿と腰腹の安定感がない為である。そして何より柔らかさに欠ける。これは一般的な柔軟の柔らかさではなく、ねり飴の様に柔らかいが、腰があり動ける身体が現代人からは抜けて来ているからではないだろうか。講習に来て頂いている方は飲み込みが早く、ある程度は形になってきている。

正座や膝行はそこに非日常が伴う。改まってやらなければ中々やらないだろう。だからこそ稽古をするのである。これらは筋力があればできるという類のものではない。確かにある程度は必要だが、それ以上に腰腹と脚の安定感、協調性、そして感覚であろう。この感覚を養う事が稽古の肝要な事だと感じる。

これから超高齢化社会になっていく中で、歩けなくなるお年寄りがどれだけ増えるだろうか。原因は様々で一概にはもちろん言えないが、座の文化を考え、見直し、稽古する事が足腰を練っていくキッカケになるのではないかと思う。歩くのももちろん大事だが、脚や腰に様々な刺激や感覚がある正座や膝行を加える事でより腰脚が丈夫になっていく様に思う。それを楽しめる環境も大事だが。

真面目ぶった事を書いてしまったが、やはり上手く全体が協調した動きをすると心地良い。そうでないと後々辛くなったり、部分が極端に辛くなったりする。座る事1つとっても奥深いですね〜という事でした。


旅する身体

身体と心の探究 本厚木、伊勢原、都心を中心に、武術的な身体の使い方やヨガの講習会、稽古会を開いています。武術的な身体の使い方を身に付ける事で、動きの質を転換し感覚を深めていきます。スポーツから日常にまで活かせる身体術の研究、稽古です。ヨガは動きだけに捉われず、身心の声を聴きます。少人数で行うので集中して自分と向き合えます。 女性の方や運動経験のない方、ヨガは体の硬い男性も安心してご参加できます。