高野山瞑想合宿記①

高野山瞑想合宿へ行ってきました。



一泊二日の短い旅でしたが、ものすごく実り多きものとなりました。ヨガをやっているものとしては、いつかは高野山へ行かなければならないと思い、それがまさかこんなに早く実現するとは思いませんでした。なぜ、ヨガと高野山が関係あるのというのはここでは割愛致しますが、気になる方は聞いて下さい。



夜行バスに乗って大阪まで行き、そこから電車、ケーブルカー、バスを乗り継いで高野山の中心街へ。でも、まずはせっかく大阪に来たので少し観光する事に。朝早く着いたので、案の定、お店も殆ど営業していなかったので大阪城へ行ってみる事に。歩いていると道行く人が全て関西弁。殆ど関西に来た事がない身としては、何か新鮮な感じ。見知らぬ土地というのはワクワクするものです。大阪城駅前を降りていざ大阪城へ。


と言っても駅から結構距離があっていい運動になる。都心で言うところの皇居ランみたいに城の周りをランナーがたくさん走っていました。そしてYOUの多さといったらないですね。むしろYOUの方が多いんじゃないのってな具合でした。そして蝉!蝉の数がハンパではなかったです。蝉の大合唱とか言いますが、蝉のライブでした。そこを抜けると少しキーンが残るくらいに。城も面白かったのですが、印象に残ったのは蝉。城の行き帰りでなんだかんだいい時間になり、そのまま高野山へ向かう流れに。




高野山は大阪からだと2時間弱かかります。途中から山々へ入っていき、こんな山奥を開拓して建てたんだなぁと感慨深くなりました。いつも山登りをしていて思うのは、この山の道を初めに開拓した人は本当に凄いなぁという事です。何事も、それを初めにやった人は凄いですが、特に山に行ったりするとそれをよく感じます。そして電車が進み山の奥に入って行く時に、普段は痛くならない部分が頭痛になって、あぁ、さすがは高野山だなと何故か納得してしまいました。そういう場の力ってありますからね。



そして中心街に着いて集合時間までにまだ時間があるので、少しお寺や院、門といった建造物や山々の自然を見に行きました。歩いていても、山の上にこの街並み(表現が適切かは分かりませんが)があるのが不思議でなりませんでした。多くの方の尽力で成し得た事なんだなと感じ入りました。まずは中門へ行きました。
中門。


よくお寺の門にある仁王像がそこにも立っていてたのですが、よく見ると胸の所に片方はトンボ、片方は蝉の彫刻?があって茶目っ気を感じ面白かったです。もしかしたら季節ごとに変わるのかもしれません。その先にある根本大塔は、圧倒されたという言葉が相応しいです。
根本大塔。

大きさもさることながらどうやったらこんなに大きなものをこんなに細かく作れるのかと考えただけでも気が遠くなります。近くで見ると視覚が変になる感覚がありました。この時にフト、この感覚どこかで体験したなと思い、よくよく思い出すと、台湾へ行った時に中正紀念堂という建物を見たときの感覚に近かったです。純粋に建物に圧倒された感じを今でも覚えています。そこから少し散歩をして、西塔に着きました。
西塔。

ここは奥の院以外では、1番印象に残った場所です。木々が続いていて西塔が目に入った瞬間に何かを感じました。うわーここは何か違うなぁと思い、写真を撮ってみるとやはり何か写ってます(笑)ただ、良い雰囲気の何かなので、しばし場の空間を味わっていました。高野山ではしばしば場の持つ力を感じます。



そしてあっという間に集合時間になり、無量光院へ。合宿の内容は大雑把に。感想をメインで。宿坊の雰囲気は本当に落ち着いていて、静けさがありました。そこに居るだけで心が落ち着く不思議な空間でした。



初日は、先生からの説明と各自の自己紹介があり、その後院の僧侶の方から阿字観瞑想を学ばせて頂きました。堂に入り、曼荼羅や仏像が並ぶ特殊な空間の中、説明を受けます。イメージが大事、循環していく。海や風と太陽の例え。そして浄化呼吸法から入り、身体と心のモヤモヤを祓ってからの瞑想。やはり特殊な空間の中での瞑想なので、家や施設での瞑想とは一味違いました。具体的な感覚の説明はここでは避けます。気になる方は是非行ってみて体験してみて下さい。瞑想の最後に身体全体を手で触っていきます。その時に、あっ小さくなってると感じました。それは見た目にとかではなく、触った感じがコンパクトに収まっている感覚でした。何かがフッと抜けたような感覚ですね。瞑想をしていて、暑いせいもあり汗が吹き出て来ていたのですが、不思議な事に終わって汗が引いた後は身体全体がサラサラしていました。これは整体を受けた時や、あるヨガを受けた時と同じ感覚で、それが身体全体に行き渡っているという感じです。気持ちの面でもニュートラルになるような感覚でした。



その後は食事へ。
食事は精進料理でしたが、思っていたよりもずっと美味しい食事でした。食事をした部屋も趣があり、襖に書かれている絵や作りには時代を感じさせられます。



食事後、休憩を挟み、先生からシャバアーサナ瞑想を学ばせて頂きました。自分にとって足りない部分が見えて来たような気がしました。



そして、お風呂を頂き、就寝の流れで1日目が終わりました。



つづく



旅する身体

身体と心の探究 本厚木、伊勢原、都心を中心に、武術的な身体の使い方やヨガの講習会、稽古会を開いています。武術的な身体の使い方を身に付ける事で、動きの質を転換し感覚を深めていきます。スポーツから日常にまで活かせる身体術の研究、稽古です。ヨガは動きだけに捉われず、身心の声を聴きます。少人数で行うので集中して自分と向き合えます。 女性の方や運動経験のない方、ヨガは体の硬い男性も安心してご参加できます。